2014年03月28日

60号の絵を描く 2作目

なんとなく、周囲に流されて60号(1303mm×970mm)の絵の2作目に挑戦。

小さめの絵を複数描きたかったので、同時進行させようと、A3サイズ(と言っても周りのイラストレーターの方々のよりはかなり大きい)を一枚、同じ構図で描いてみる。

 

Tumblr_inline_n33ufvphdx1rdtsd4

 

なんて巨大なんだ。

この状態になるまで、約1週間。

  
A3サイズのでは感じなかったのに、60号だと、むちゃくちゃ歪みを感じるので、単純に拡大するだけじゃダメなんだなあと初めて気づく。

根本から描き直ししたいと思うが、別のパネルも用意していないのであきらめて進める。描いちゃ消し、描いちゃ消し。

紙さん、酷使してごめんね。耐えておくれ。

しかし、絵の上に這いつくばって描くのって初めての経験だ。

他の方たちってどうやってんだろうねぇ。

 

Tumblr_inline_n33uu5wzcw1rdtsd4

着色を始めるが、、、

 

Tumblr_inline_n33uux7l1x1rdtsd4

色が気持ち悪くて耐えられん。

破り捨てたい。

止めても良い??

A3は、色に耐えられずに放棄した。

だけど、60号っていうテーブルみたいな大きさの絵だと、やすやすと描き直しを選べない。

その事実が重く心にのしかかる。

途中、気持ち悪くても、塗進めるうちになんとか見られるものになったことがあるような「かすかな記憶」だけを頼りに、泣く泣く描き進める。

  

Tumblr_inline_n33v7lohud1rdtsd4

ここまででさらに1週間。
ちょっとはマシになったかなあ。

でも、まだ気持ち悪いよぉおぉ〜。
そのうえ、構図そのものの矛盾に気が付きはじめる。
(T-T)

(ここで、途中経過を見せろと、、、データを送れと、某氏から催促・・・
いやじゃ〜、仕上がる前に、途中経過なんぞ見せとうない)

 

まだまだ手を加えたかったのだけど、あえなく時間切れ。

仕方がないので、最終工程に入り、
なんとかそれなりに仕上がる。

んが・・・

Tumblr_inline_n33wcie7yn1rdtsd4
2−3か月して、無事絵が手元に戻ってきたら、画像アップ作業を検討してみようと思う。

(思うだけかもしれない)

------------

2015年3月追記

おかげさまで、この絵、第73回創元展で奨励賞、越中アートフェスタ2014で佳作をいただいた。

1403akanotani250

佳作っちゅうか、すっごい寡作なので、一作品で二度おいしい、、というか、効率よく賞を戴いて有難い。

描きたいものが大量にあるので、もっともっと描かないと。

《今回の反省点》

・小さ目のA3と同時進行はダメらしい。
 大きい絵は大きい絵でちゃんと構図を練らなきゃ。

・考えるのを放棄して先にペン入れするなよ。
 あと始末が、どえらい苦労するよ。
 (削っての修正とか、直せない水平線のズレとか。)

・谷底を、黒くしてはあかん。
 黒は、意に反して、浮き出てしまう。
 遠いところなので、薄く、青灰色位?

 

《今回わかったこと》

・縦1m超の絵は、絵の上で腹這いになって描く

・着色の最初は、どうやら気持ち悪いらしい

・細かい造作にはまりすぎると、全体がおろそかになるよ。

posted by AnneSANJAGANA at 23:59| 2014年のお知らせ